貨幣システムの世界史 <非対称性>をよむ 黒田明伸著 岩波書店

3,300円(税込)

購入数
本国をはるか離れた中東地域で、二〇世紀初頭まで流通したオーストリアのマリア・テレジア銀貨。
製造コストが額面よりも高い銅銭を発行し、しばしば「良貨が悪貨を駆逐する」事態をつくりあげた中華帝国。インドで流通した桁はずれの零細通貨、モルディヴ産貝貨...。
日々の営みに欠かすことのできない貨幣。しかし、その歴史はいまだ謎に満ちており、「貨幣とは何か」という問いは、わたしたちを惹きつけてやまない。
貨幣と市場の複雑で多層的な世界を「非対称性」という概念を手がかりによみとき、世界史のなかの貨幣現象を根本的にとらえなおす。古代から現代まで、グローバルな視野のもとに提示される、新しい歴史=貨幣論

岩波書店 2003年発行
ハードカバー:221 ページ
寸法: 19.4cm×13.5cm×2.5cm

おすすめ商品

Copyright (c) Leocoins All Reserved.

古物営業許可 東京都公安委員会 第301001408014